お腹の子は神様⁉️

結婚11年目。約8年ぶりに2人目を妊娠した。その子はなんと、神様の生まれ変わりだった。

きっと、おかめ

納豆の話ではありません。笑

染色体の話です。

 

子供って父親と母親のDNAからしかできない。女の子の方が父親に似るっていうけど、何でかな?と思い調べてみた。

 

ちなみにワタシも母に似てるのは口元と広めの肩幅だけ。母は背が高くてモデル体型だから肩幅が広くてもカッコいい。でも、ワタシは肩幅だけもらって、あとはずんぐりむっくりした父のボディで出来上がってしまったからカッコ悪い逆三角形🔻お陰で学生時代、デリカシーの無い男子らから「ガタイ良いね」と言われる始末。女子にガタイって言うな💢

 

では、本題。ご存知の方も多いかもしれませんが、人間の遺伝子情報である染色体は基本的に同じ物が2本ずつ23組あり、22組までは男性でも女性でも同じ情報が入っていて、生殖器を作る情報が入っている最後の1組の組み合わせで性別が分かれるそう。

親からXかYどちらか1つの情報をもらうのですが、母親はXXしか情報を持っていないので子供にあげられるのはXの情報のみ。父親はXY2つの情報を持っているので、父親からXの情報が来るかYの情報が来るかで性別が変わります。

ちなみにXXは女の子に、XYだと男の子になります。

X染色体は体型や性格など、遺伝子情報のほとんどが詰まっています。Y染色体生殖器を作る情報しか入っていませんので、XY遺伝子の男の子は母親のXの情報でできあがり、XX遺伝子の女の子は母親以外に父親のX遺伝子が入って来て父親に似る傾向になるそうです。

 

と言う事は、うちの旦那さんは一筆書きで書けるほどあっさりした弥生人顔。目は開いてるのか閉じてるのかと言うほど。良く言えば切長。笑

産まれてくる子は女の子と言われているので、きっと旦那さん似のおかめ顔になるだろう。それでもポテンシャルの低い親の良いところを取って産まれてきてくれたまえ。笑

いつも付け加える言葉ですが…

まぁ、元気に産まれて来てくれればそれで良いのですが😊