お腹の子は神様⁉️

結婚11年目。約8年ぶりに2人目を妊娠した。その子はなんと、神様の生まれ変わりだった。

親の役目

昨年の旦那さんの闘病と、今年1学期中の荒れる息子を見守って来て、親として、また伴侶としての役目は生きる希望や楽しみを一緒に見つけてあげること、応援してあげることだと気づいた。辛い中でも生きる幸せを見つけることができるのは何より大切な事だと。(生きる事を諦めてはなりませんから。)つくづく思います、家族は世の中の荒波を共に超えて行くチームメイトだと。

 

相手にはつい、自分の価値観で「こうなって欲しい、こうあるべき」を押し付けてしまいがち。自分の価値観(フィルター)でしか物事を見れないから。でも、ガチガチにこうあるべきを作らない方が自分も周りもいい意味で楽に生きれると思う。価値観って育った環境(親、学校、友達などの影響)で作られてしまうから。それを一つずつ疑い、本当にこの価値観って必要?と自分に問うてみると新しい視点に出会える。

 

あと、大事なのは共感だと気づいた。共感できない事は、無理にしてくてもいいけど、相手の生きてる世界を邪魔しちゃダメだ。みんな違ってみんな良い。どこかの広告もそう言っていました。笑

本当そうだと思う。だって皆違うんだもん。

 

でも、今の日本はまず学校に入ると、45分間椅子に静かに座っていられないと問題児というレッテルを貼られてしまう。文科省が決めた教科書が解けないと劣等生といわれて、周りの子からもあいつは勉強ができないバカだと言われてしまう。親になって思うけど、そんな狭い基準で子供達を縛って良いのだろうかと。確かに日本で生きて行くためには義務教育程度の教養がないと生きづらいだろう。そういう社会になってしまっているから。でも、うちの息子は体を動かしながら吸収するのが得意なので、座学が苦痛でならないようだ。かわいそうに😢動物園の動物と同じで得意なことや本能を活かしたことをさせて貰えなくて、狭い檻の中で大人しく生きる事を躾けられる。だから、本当は自分が何をやりたいのか、自分は何者なのか分からない人が増えてしまったのだと思う。その嗅覚は削ぎ落として育ってしまったから。

 

次に産まれるお腹の子は息子以上にエネルギッシュで人間の常識に当てはまらない子だろうと言われた。元神様だし、ちょっと宇宙人ぽいらしいから。おそらく想像するに、学校が窮屈に感じるようになるだろう。(学校は学校で通えばメリットがあることも知っています。ワタシはしっかり大学まで通い、ゴリゴリの体育会系でしたので。しかも中高の社会の教員免許も取りました。教員目指してたんかいっ‼️って自分にツッコミたくなる。笑)

それに備えて、ワタシも旦那さんもこれから子育てする上で今までの世の中の常識を一つずつ壊して根本から見直して行かないといけなくなると思う。「生きていればいい」くらいの感覚になっておこうと大らかな気持ちに切り替えた。

 

実は今夏、パラリンピックで活躍する選手達を見ていて、その思いは自然と自分の中に湧いて来たのだ。いい意味でカルチャーショックだった。皆、身体のどこかに障がいを持っていて、健常者と同じように生活できなくても、(手がなくて箸が持てなければ、足でフォークを持って食事するとか)どうにかして、健常者中心にできてるこの世の中を生きているんですよね。しかも、健常者以上に心身を鍛えてアスリートになっている。恐るべし、パラリンピアン🙌生きる希望の塊です✨尊敬の眼差しで見てしまいます✨👀✨

だから、常識ってなんだ?って思いました。お茶碗持ってお箸でこぼさず食べましょうみたいな躾がちっぽけなものに思えた。笑

食事の本質は食べることだから、足使ってでも食べれれば良いじゃん!って。笑

 

皆さん、「窓ぎわのトットちゃん」って読んだことあります?黒柳徹子さんの幼少期のお話です。内容が脚色されている部分もあると思いますが、ちょっと変わった子だったトットちゃんをこれから産まれてくるうちの子と重ねて見てしまうところがまります。普通ってなんだろ?良い子ってなんだろ?と…

 

これからの子育て、想定外のこともたくさんあるかもしれません、でも、大きな愛で育ててあげたいと、そう思うのでした。

 

おもしろすぎ量子力学

量子力学って知ってます?

最新の科学で分子より小さい粒が発見されて、「量子(りょうし)」というのですが、この世の全てのものは量子で出来ているそうです。

(お化けや人の意識とか目に見えないものも量子なんだそうです。)

 

そして、その量子は同じ周波数の者同士でくっつき合って固まるので、いま手にしているこの携帯電話も量子の塊。ワタシ達の体も量子の塊。仲良くなる友人は同じ周波数帯の意識を持っているから、互いに近づくのだそうです。(類は友を呼ぶ論)

友達グループやカップルを見ると似たような人達が一緒にいるのはこう言うことか…

 

自分から出ている周波数が変わると出会う人も変わり、違う周波数の人達とは交わらなくなるそうです。

 

おもしろいでしょ😁

 

昨夏、量子力学の研究をしている先生のブログを発見して、量子力学を知れば、神様や仏様の意識になって世の中を見ることができると言うことを知りました。量子力学のお陰で、宗教や愛なども科学で証明できるようになったのです。とその先生は説明されていました。

 

参考までに下にその先生のブログを添付しておきます☝️ご興味があればご覧ください👀✨

 

病んでいた旦那さんを支えていた時期、ワタシ自身の心を整えるのに大いに役立ちました🙏✨このブログとの出会いに今は感謝です。

↓こちらのブログです。

https://ameblo.jp/daimular208729/

 

きっと、おかめ

納豆の話ではありません。笑

染色体の話です。

 

子供って父親と母親のDNAからしかできない。女の子の方が父親に似るっていうけど、何でかな?と思い調べてみた。

 

ちなみにワタシも母に似てるのは口元と広めの肩幅だけ。母は背が高くてモデル体型だから肩幅が広くてもカッコいい。でも、ワタシは肩幅だけもらって、あとはずんぐりむっくりした父のボディで出来上がってしまったからカッコ悪い逆三角形🔻お陰で学生時代、デリカシーの無い男子らから「ガタイ良いね」と言われる始末。女子にガタイって言うな💢

 

では、本題。ご存知の方も多いかもしれませんが、人間の遺伝子情報である染色体は基本的に同じ物が2本ずつ23組あり、22組までは男性でも女性でも同じ情報が入っていて、生殖器を作る情報が入っている最後の1組の組み合わせで性別が分かれるそう。

親からXかYどちらか1つの情報をもらうのですが、母親はXXしか情報を持っていないので子供にあげられるのはXの情報のみ。父親はXY2つの情報を持っているので、父親からXの情報が来るかYの情報が来るかで性別が変わります。

ちなみにXXは女の子に、XYだと男の子になります。

X染色体は体型や性格など、遺伝子情報のほとんどが詰まっています。Y染色体生殖器を作る情報しか入っていませんので、XY遺伝子の男の子は母親のXの情報でできあがり、XX遺伝子の女の子は母親以外に父親のX遺伝子が入って来て父親に似る傾向になるそうです。

 

と言う事は、うちの旦那さんは一筆書きで書けるほどあっさりした弥生人顔。目は開いてるのか閉じてるのかと言うほど。良く言えば切長。笑

産まれてくる子は女の子と言われているので、きっと旦那さん似のおかめ顔になるだろう。それでもポテンシャルの低い親の良いところを取って産まれてきてくれたまえ。笑

いつも付け加える言葉ですが…

まぁ、元気に産まれて来てくれればそれで良いのですが😊

ただのデブか妊婦なのか

先日7ヶ月目に入りました。

お腹もだいぶ出てきました。ウエストメーター越えです‼️バンザイ🙌旦那さんのお腹に近づいてきました🤰

 

もともとポッチャリだったワタシは、数年前、弟の結婚式の時に久しぶりに会った元力士の従兄弟から「ちょっと痩せたほうがいいな。短期間で痩せられる方法あるから。」とアスリートの痩せ方を伝授され、そんなやり方したらワタシ死ぬわ🤪と思いながら、そのまま何年も経ってしまったので、妊婦となった今、お腹の皮がはち切れそうで困っています😖あと、3ヶ月大きくなり続けるのか💥お腹の皮破けて赤ちゃん産まれちゃったりしないかな…

 

ワタシ、肉付きがいい体なので、周りから見たらただのブ〜にしか見えないだろうな…🐷「ワタシは妊婦です。お腹に赤ちゃんがいます。ただのブ〜ではありません。」と心の中で唱えながら道を歩いています。ハハッ😅変な葛藤をしています。笑

 

今、困っているのはブ〜妊婦用のズボン👖とショーツ🩲がなかなか見つからないこと。アカチャンホンポに行ってみたら、1番大きくてL〜LLサイズまでしか置いてなくて、「おぉ〜❗️3L以上のブ〜はもはや相手にもされないのか⁉️」と衝撃でした。もう、従兄弟から晒しもらって巻くしかないか…笑

命を感じる胎動

激しい胎動が始まりました👶

5ヶ月目の終わり頃から何となく感じていた胎動ですが、段々と激しくなってきました。

息子がお腹にいた時より倍くらい動きます✊🦶やっぱり山ほど大きいエネルギーの子は違うのか?女の子だって言われてるのに…

こんなに元気で、アラレちゃんみたいにずっと走ってる子だったらどうしよう😅もう四十も近いから一緒に走れないよ。まぁ、元気に生まれてきてくれれば、それで良いのですが。

 

不思議なことに、このブログを書き始めると動き出すんです。自分のことだって気づいてるのかな?ワタシの横で書いてるの見てたりして👀

稲荷菩薩に導かれて おまけに高橋一生さん登場

先日、家族で山梨県にある身延山に行ってきました。朝、車で出発して中央道で行こうと思っていたのですが、コンビニに寄っている間に中央道は大渋滞に。改めてナビで道路検索をすると、だいぶ遠回りにはなるが、早く着く新東名で行くことを勧められ、新東名経由で山梨県へ行くことに🚗この日なんと中央道は最長58キロの渋滞だったそう。渋滞を避けることができ、ラッキーでありました😊

 

身延山へ無事に到着し、お参りをしていると、NHKドラマ「岸辺露伴は動かない」の撮影をしていました。たまたま階段横で俳優の高橋一生さんがおみくじを引いていました。思わず「うわぁ〜カッコイイ😍」と旦那さんが横にいるにも関わらず心の声が漏れてしまいました。「岸辺露伴みてま〜す😆」 と声をかけたら、振り返って「ありがとうございま〜す😊」 と爽やかな返し。アハッ💕もう旦那さんをみてもビクともしない、ワタシの乙女心が久しぶりに高揚してしまいました。

 

その後、山頂にある思親閣(ししんかく)というお堂にお参りをすると、仁王門の横にお稲荷さんを祀る朱色の小さなお社を発見。何となく惹かれて手を合わせに行きました。お賽銭箱の横にこのお社の説明書があったので読んでみると…

開祖・日蓮聖人が晩年9カ年間、毎日この山を登り、山頂にて千葉に住むご両親の方を向き拝んでいたとのこと。聖人が山を登る際、狐の聖霊が常に聖人を護って付き添っていたそうです。そして、霊格が上がった狐の聖霊はこちらに祀られて菩薩様になったそうです。聖人亡き後も身延に詣られる人々の安全を守り、導く存在としてこちらに住われているとのこと。

これを読んでふと思い出しました。今朝、高速道路の渋滞を回避してスムーズに身延へ来れたのは稲荷菩薩様の導きなのではと。🦊✨そして、ふと稲荷菩薩様のお社をお詣りしたくなったのはそれに気付かせて頂いたのだろうと。

稲荷菩薩様にお礼を申し上、不思議な体験に感謝致しました✨🙏✨

 

身延山の参拝で、心が洗われて帰ってきたのでした。日帰りだったのでゆっくり出来ませんでしたが、今度は泊まりで行っても良いかなと思いました。それにしても高橋一生さんカッコ良かった💕

旦那さんの本心

赤ちゃんができてから、旦那さんと心の距離ができてしまったと感じていたワタシですが、先日、旦那さんに「今は喜びと不安、どっちの方が大きい?」と聞いてみました。

 

すると旦那さんは、「不安はゼロにはならないよ。でも喜びと半々くらいにはなってきた。早く赤ちゃんに会いたいと思うこともあるしね。」と言っていました。

 

ホッとしました。